結婚式の二次会をクルーズ船で開催するアイディアも

結婚式の二次会をクルーズ船で行うカップルも増えてきています。披露宴と二次会を一緒にして、1.5次会として開催するケースもあります。料金は1名あたりいくらと決められていることが多いです。ビュッフェやフリードリンクが含まれたプランなら、ゲストが自由に好きなものを食べたり飲んだりできます。リッチなクルーズを気軽な立食スタイルで楽しむ二次会になり、ゲストも満足することでしょう。同じ船の上に集ったゲスト同士の交流も深まり、会自体が盛り上がります。
二次会でも自分たちなりのオリジナリティーを出していきたい、ゲストを楽しませたいと思うカップルは、船上での二次会の開催を検討してみてください。

結婚式の二次会をクルーズ船で開催するメリット

二次会の余興は、考えるのも実行するのも、意外に骨が折れるものです。集まったたくさんのゲストのできるだけ全員が楽しめるようにと、アイディアを絞らなければなりません。一般的なお店やパーティー会場を貸し切りして行う際には、余興をいくつか盛り込んでゲストを飽きさせないようにしますが、クルーズでは景色が移り変わるため、それほど余興が多くなくてもゲストが十分に楽しめます。二次会の幹事の負担を減らすことができ、幹事にも二次会を楽しんでもらう余裕ができます。
何度も二次会に参加したことのあるゲストでも、クルーズ船での二次会は経験がないことが多いでしょう。オーシャンビューの空間で行われる二次会は、二次会に行きつくしたゲストでも印象深く楽しいものになります。

二次会開催にあたって注意するポイント

クルーズ船で結婚式や披露宴を行う場合もそうですが、特に大人数が集まりやすい二次会の場合は、注意したいポイントがあります。それは、船の中のスペースは限られているということです。船の規模にもよりますが、陸上の施設に比べると空間に限りがあるため、会場のキャパシティを考慮に入れつつ、ゲストを呼ばなければいけません。クルーズ船の中の会場の定員はホームページに記載があることがあります。
また、途中参加や途中退室ができない点にも注意しましょう。仕事の都合で、途中からなら参加できるということは二次会で少なからずあることですが、一度船が出航してしまえば途中で参加するのも退室するのも不可能です。ゲストの都合がつきやすくなるように、早めに日程をアナウンスすることが大切です。